• Sns fb header
  • Sns tw header
  • Sns youtube header
  • Sns ameba header
  • Sns star header
Bg about header

俺たちなら、たくさんの子どもたちを救える。本気でそう思っている。

夢は叶えるもの

夢を持ち続けること、そう簡単ではない。
子どもたちが、家庭のお金を心配する時代
大きな夢があっても、ぐっと自分の中に閉じ込めてしまう。
子どもたちの夢の実現に、教育が担う役割は大きい。
大きな夢を『本気で』持っている子どもたちが金銭的側面や
生まれ育った場所がネックとなり
静かに夢をあきらめてしまう現状を本気で変えたい。
夢が、本当は、君に叶えてほしくて待っている。
夢実現のためのチカラを伸ばす場所をつくりたい。
そんな情熱をずっと持ち続けている
現役の塾経営者3人が本気で立ち上がり生まれた。

 photo about 12
Photo about 04

「ゆめのば。」 誕生STORY

家のそばに塾がなく、進んで勉強をする環境が整っていない子どもたち。
やる気はあるけど、どうやって勉強をすればよいかわからない子どもたち。
経済的な理由から学習塾に通うことが難しい子どもたち。
そういった子どもたちの力になりたい、そう想い続けていた
旧知の仲であり学習塾経営者である3人がチカラをあわせ、
この度「ゆめのば。」を開校します。

Photo about 05

2015年春、あることがきっかけで星野はある離島に住むある数人の中学生と
その地で出逢いました。これがすべての始まりです。
その島には学習塾がなく、学校で学ぶ以上の事を、子どもたちが学びたいと
思っていてもそれを叶えることが難しい状況。全国学力調査テストの結果も、その島の
中学生の結果は散々なものでした。勉強に自信が持てない、だから子どもたちは自分
の夢をしまい込んでしまっているように、星野には思えて仕方なかったのです。

 photo about 08

3人の学習塾経営者が動いた

私たち3人は今も自分たちの教室で、子どもたちの指導をしていますが、たくさんの子どもたちが受験勉強を通して、強く成長してくれている姿を毎日のように目にしています。だからこそ生まれ場所や環境に関係なく、島の子どもたちに、勉強の楽しさを感じてもらい、一生懸命に勉強に取り組む経験を生かして、その後、自分の夢を自分の手で叶えていってほしいと切に願っています。星野がその島を訪れてから4年かかってしまいましたが、たくさんの子どもたちに日本一の教育を本気で提供できる日がやってきました。

Photo about 07
「医者になりたい!」
「パイロットになりたい!」
「獣医になりたい!」
「プログラマーになりたい!」
「看護師になりたい!」
Photo about 09

勉強を通して、大きな自信を持ち、夢を叶える力に変えていってほしい。
子どもたちを強く育てる、まさに「強育」をしていきます。

Photo about 07

最後に代表 星野から

 photo about 11

高校受験とは、15歳の子どもたちにとっては、
人生で初の大きな試練になることがほとんどです。
私は、この高校受験を通して、
合格・不合格という結果以上に子どもたちに学んでもらいたい、
経験してもらいたいことがあります。
それは「苦しいことから逃げず、
1つのことに本気になり一生懸命取り組んだ」という経験です。
この経験こそが、子どもたちのこの先の人生にとって、
非常に大きな財産になります。

 photo about 07

経験に勝るものはない。

一生懸命に取り組まず、
適当に勉強して、つかんでしまった合格なんかよりも、
死ぬほど頑張った結果として、
不合格になってしまった経験の方が、
長い人生にとってはプラスになることは間違いありません。
私は子どもたちによく言います。
「後悔するような受験なら、しないほうがいい。
これだけ努力して、これでもダメだったら、
仕方ない!後悔もしない!と受験の当日に
胸を張って言えるくらい努力をしろ!」と。
15年の人生の中で、1番の一生懸命を見せてほしい。
そう願って、命をかけて毎年子どもたちの指導をしております。
『自分のために、こんなに頑張ってくれる大人がいる』と、
子どもたちに想いが伝わる日が必ず来ます。
この事実が、
子どもたちを大きく変えていくことが出来るのだと思っています。
これからも
1つ1つの「出逢い」を大切にしていきたいと思っています。

NHKで特集されました!